“天の父母様に侍り 真正なる韓半島統一を成しましょう”

韓半島平和サミット 真のお母様 特別演説のみ言

 

天一国 10年天暦 1月 13日(陽.2022.2.13)

HJグローバルアートセンター(清心平和ワールドセンター)

コロナパンデミックによる困難な状況でも、韓半島の平和統一を願う世界の指導者の皆様の願いと精誠は、必ず成就されると信じています。

今日、世界的に多くの困難があります。この地球上に200ほどの国がありますが、彼らは平和な一つの世界を追求して来ました。しかしその願いの前に、一層多くの戦争と葛藤によって綴られてきた人類の歴史でした。本来、宇宙の主人、創造主であられる神様は、天地万物と、人間始祖になり得る男性と女性、アダムとエバを創造されて、人間には成長期間を通じて完成する時間を与えて待たれました。しかしそのように成り得ず、今日、創造主・神様とは関係のない人類になってしまいました。しかし全知全能なる創造主は、始まりと終わりが同じです。必ずや勝利の日を迎えなければなりません。そこには必ず、人間の中で勝利したという、人間始祖になり得る真の父母が現れてこそ、創造主が願われた人類一家族、地上天国の生活が実現されるのです。

 

真の父母を探し求めてきた人類歴史

 

天は6000年の間、失った子供を探し求めてきた父母であられました。そしてその地域にふさわしい、人類を善導し得る宗教を許諾され、善を追求してくるように教育してこられました。そのような中で、天は選民となる国を選ばれ、本来、人間始祖にならなければならない先祖の失敗を蕩減復帰する救援摂理歴史をせざるを得ませんでした。それは到底言葉にできない苦労の多い忍耐の歴史でした。

天は4000年間をご苦労され「私の息子だ」と言う独り子を地上に誕生させて下さいました。しかし創造原則によれば独り子だけではいけません。そのために、独り子を誕生させた家族は勿論のこと、ユダヤ教とイスラエル民族もまた、この独り子が天の摂理を奉ずることのできるような環境圏をつくって差し上げなければならなかったのです。しかしそのようにできませんでした。イエス様は十字架で亡くなられる状況の中で「また来る」と言いました。また来て「小羊の婚宴」をするというのです。その後、キリスト教は使徒たちによって 2000年が流れました。そうだとすれば、今日のキリスト教環境圏は「また来る」と言われたメシヤを迎えられる準備ができているのか問いたいのです。

この堕落した人類を天が抱くことのできる環境は、真の父母の誕生です。真の父母によって、堕落した人類は生まれ変わり、重生復活してこそ、創造主・神様、天の父母様の子女として進み出ることができるのです。その誤った歴史の糸のもつれを解くことのできる中心人物が、 6000年を経てこの韓半島を通じて誕生したのです。

 

1960年に真の父母が誕生しました。真の父母によって人類を天の父母様の子女として重生復活させて下さる摂理が真の家庭運動、祝福行事なのです。堕落した人類は誰彼を問わず、真の父母を通して天の父母様の子女にならなければなりません。創造主・神様は、地上で真の父母とともに子女たちを抱く、地上天国の生活を夢見てこられました。そのことが1960年に出発したのです。

言い換えれば、宇宙の主人、この地球星の主人は、創造主・神様、天の父母様であられます。数多くの国と強大国がありますが、それらは天の父母様に侍る位置においてのみ、その国の資格を持つことができるのです。そうでなければ所有権はありません。天は「そうだ、あなたがこの美しい地球を創造するにおいて最善を尽くした。この国はあなたが治めなさい」このようにして国が成立するのです。世界のすべての宗教は終点に至ったと言いました。終点では降りなければなりません。終点で降りて宇宙の主人となられる天の父母様に侍り得る、真の父母と一つにならなければなりません。

 

天を父母として侍る子女として資格を備えなければ

 

この韓民族もまたそうです。一つの文化と一つの血統、伝統を持つこの民族が、なぜ南北に分かれたのでしょうか? 地球星で唯一で最後の分断国家です。この国が統一されてこそ、東ヨーロッパの平和と北東アジアの平和があるようになるのです。分かりますか。今日、私たちは真の父母を通じて天の父母様に侍る子女となり、天倫で繋がれていることを知らなければなりません。

私は言いましたね。この民族はもちろん、世界すべての国々が天を父母として侍る位置に立ってこそ、真なる世界平和が成就し、自由、平等、平和、統一の幸福なる、天の父母様を中心とした人類一家族の世界が成し遂げられます。そのような点から、私は真の父母として、南と北の民たちに願います。私と一つとなり、南と北が兄弟となる位置において、真なる韓半島統一が成され、世界のすべての人類が天の父母様の息子娘として生きる平和統一世界が私たちの時代に成就できるのです。

今まで無知な人間によって、この美しい地球が荒廃してしまいました。ますます深刻になっています。気候変動と海水面の上昇、特に天災地変が起きています。昨年だけでも、北米大陸においてとてつもない山火事と竜巻、暴雨によって、どれだけ多くの財産被害と人命被害があったでしょうか? 中国はどうでしたか、アジアはどうでしたか? すべての大陸において言葉にできないほどの財産被害と人命被害がありました。そしてこの2年余りの間、コロナパンデミックによって多くの生命が失われました。これからどのような変異が発生し、さらに大きな困難が生じるかもしれないのが現実です。このすべてのものが人間の過ちによって引き起こされました。いまや天の父母様に侍る子女の立場で、今まで親不孝をした子供でしたが、父母様の夢を地上で成して差し上げるべき子供として、どうして傍観することができるでしょうか? 一つひとつ、世界すべての人類が一つとなり、本然の姿に戻すことができるよう責任を果たさなければなりません。

 

きょう世界において、またこの場に来られて皆さまは素晴らしいメッセージをたくさん語ってくださいました。すべてその願いが叶うことを祈りながら、成就できると信じています。そうです。叶えられます。問題は、私たちが正しく天を父母として侍る子女としての資格を備えることです。

私は未来のこの地球と人類を担当して行く未来の後孫、孫たちに夢を植えてあげています。私たちがひとつとなり、この地球上を地上天国としてつくって、天の父母様に侍って暮らす地上生活とはどのようなものでしょうか? 創造主は天地万物を創造されて、その次に人間始祖を創造され、万物を主管しなさいと言われました。堕落していない万物世界は、創造原則の循環法則によって、継続してその種を維持しています。しかし問題は、これも人間によって多くが破壊されています。

私は、春になると凍土から一番先に花を咲かせる水仙の花が好きです。堕落によって困難で苦痛の多い人類歴史を見つめられる天の父母様の心を、どのようにして慰めて差し上げるかを、この水仙を通じて悟っています。

まだ力はありませんが、凍り付いた凍土の地を一番先に突き抜けて、春が来たことを知らせるこの水仙を見ながら、多くのことを感じるようになります。私は真の父母の責任を果たすにあたり、多くの環境圏の制約を 60年間受けて来ました。しかし私は立ち止まりませんでした。そのようにして今日、皆さんのような友軍、味方がたくさんできました。私たちみな一緒に天の父母様に侍り、真の父母を通じて真の子女となる立場で、天の父母様の夢、願いを地上で成して差し上げる孝子孝女になりましょう。ありがとうございました。

Search
  • sogabe

真のお母様自叙伝『平和の母』第7章・”青春の苦労は明日の太陽です”を読んでいくと、祝福二世に対して…そして今の若者たちに対してだけではなく、私自身の心にグッとくるものがある。”サミュエルウルマンの『青春』は私の好きな詩の一つです。”とあったが、約100年も前にアメリカの詩人によって書かれたこの詩には、深く考えさせられる。


『 青春 』 サミュエル・ウルマン

青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ。優れた創造力、逞(たくま)しき意志、炎ゆる情熱、怯懦(きょうだ)を却(しりぞ)ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こういう様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。理想を失うときにはじめて老いがくる。

歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や、狐疑(こぎ)や、不安、恐怖、失望、こういうものこそ恰(あたか)も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥(あくた)に帰せしめてしまう。年は70であろうと、16であろうと、その胸中に抱きうるものは何か。

曰く、驚異への愛慕心、空にきらめく星辰(せいしん)、その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰(きんぎょう)、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる

人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる

希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。

これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が人の心の奥までも覆いつくし、皮肉の厚氷がこれを固く閉ざすに至れば、この時にこそ、人は全くに老いて神の憐れみを乞うる他はなくなる。


この詩は第二次大戦後に日本に来た、連合国軍最高司令官のマッカーサー元帥が座右の銘とし、常に執務室に飾っていたそうだ。


『心の若さは気の持ちようであり、それは必ず表に現われます。つまり、つねに前へ進む気力さえ失わなければ、若さはいつも向こうからついてくる、というのが私の信念です。 そのよい例が芸術家です。八十歳、九十歳でなお毎日制作に励み、工夫を凝らし第一線に立つ。そういう気迫を失わない方が少なくありません。それらの方がたは、組織の上に乗っている経営者とちがって、定年もなければ引退もありません。生きているかぎり、自分との戦いが続きます。その緊張感が若さを保ち、エネルギーを生むのだと思います。』


これは、松下電器(現在のPanasonic)の創業者である、松下幸之助の著書にある。

幸之助は、この詩を自分自身が覚えやすいように次のように要約し、みずからの座右の銘としていた。

青春とは心の若さである

信念と希望にあふれ、勇気にみちて日に新たな活動を続けるかぎり

青春は永遠にその人のものである

晩年になってなお、仕事はもとより日本国際賞等数々の社会活動にも果敢に取り組んだ幸之助。言葉通り、生涯青春を生き続けた人物だ。

神氏族メシヤに定年はない…。幸之助が言ったように、芸術家が作品を作るがごとく、気迫を失ってはいけないのである。


本当の義人というものは、神に通じる心情に共鳴している。

人を動かし、世界を動かしていくためには、天に通じる心情世界とつながっていかなければ道は開けない。

自叙伝『平和の母』には、神様の心情に通じる扉がいくつもある。

18 views0 comments
  • sogabe

Updated: Apr 20, 2020

2020年4月1日、天正宮博物館において韓鶴子総裁、真のお母様から大きな宣布があった。『…統一教会でもなく、家庭連合でもない、天の父母様教団と名称を変更します。』

という内容である。日本においては2015年8月に正式に『世界平和統一家庭連合』と名称が新しくなったばかりであるが、実は御父母様が家庭連合にするとずいぶん前に語られており、韓国では1995年より家庭連合となっていた。

日本では文化庁から団体名変更の承認が下りるまで21年あまりを要したことになるが、名称を変更するということに対して多くの教会員たちは少し当惑したかもしれない。実は、私自身その一人であった。

この発表がなされてからすぐに、教区長からスタッフたちに対して話があった。

『名称が変わったね…、名前というものは、その個人や団体の言わば願いや目標を表すものだから、いよいよ本来あるべき名前になったということだよ…』

その言葉に、何かスッとしたものを感じた。

世界基督教統一神霊協会は、本来キリスト教基盤が再臨メシヤの完全なる基台となっていたならば、必要のなかったものである。教会創立以前から、ごく最近に至るまで、キリスト教の反対ゆえに、真の御父母様のいかれる道は十字架の道となってしまった。キリスト教が牢獄へと追いやってきたといっても過言ではない。西大門刑務所しかり、ダンベリー刑務所しかり…

しかも、イエス以降カトリックとプロテスタント…多くの教派に別れてしまい数百の教派が発生したのである。

神様が準備した基台を取り戻す目的で創立されたのが、世界基督教統一神霊協会であった。

御父母様は仕方なく、自前で教会を出発せざるを得なかったのであった。

世界平和統一家庭連合は、名称に”家庭”があるように、家庭が、ひいては氏族圏が一つとなることが願われていたし、目標となっていた。神氏族メシヤとしての勝利が私たちの大命題であった。

しかし、得てして目標となるとそこがゴールとなるので、そのようになっていなくてもまだそこに行き着く過程の段階だから…このようになってしまいがちである。

今の時は名実共に、神・人・愛一体理想が成就する時代となった。個人、家庭、氏族が勝利された真の父母と一つとなり、天の父母が個人と家庭、氏族にまで臨在し共に生き生活する時代圏である。”天一国安着”が宣布された時代…安着とはそこに定着した土台で、生活が始まることを意味している。

人間の”生”そのものが神と共にある創造理想が、現実のものとなる時がいよいよスタートしたのである。

分裂と葛藤を繰り返す心根では、人類ににわかに起こってきているコロナウィルスの試練に勝つことは難しいであろう

さらに、アフリカ北部で大量発生したバッタが、中東、パキスタン、インドを経てさらにその数が猛烈に拡大している。これが中国、アジアに広がっていけば、コロナの次は深刻な食糧問題に発展するかもしれない。モーセ時代の十災禍が頭に浮かぶ。



17 views0 comments
  • sogabe



コロナウィルスの影響が世界中で止まらない。今日、タレントの志村けんさんが亡くなったと報道があった。少し前には、イギリスのボリスジョン首相、ドイツのメルケル首相も感染したというニュースがあった。当然ウィルスは、人種・性別・年齢など全く関係なく広がっているわけであるが、第二次大戦以降、世界全体を巻き込んでこれだけ短期間で大きな人類全体に突き付けられた課題はなかったかもしれない。

国同士で責任を転嫁し合い、争っている場合ではなくなってきている。自国の利益のみを追求する考えがある以上、この問題は解決に向かうこと自体も難しくなってきている。


聖書歴史には、神によって人間の命が失われた場面がいくつか描かれている。ノアの洪水審判は、地が暴虐に満ちていた中で起こり、アブラハムの甥であるロトが住んでいたソドム・ゴモラの街も、街に10人の義人がおらず、結局火の審判を受けてしまった。

「人々は不自然な肉欲に走り…」聖書にもとあるように神が願う人間の行動ではない状況であった。

モーセが出エジプトをする際も、羊の地を門に塗っていない家、つまりイスラエル民族以外の家々の長子や家畜までも死んだ。

神はそのたびごとに、ノア、アブラハム、モーセと中心人物を立て、その人と一つとなることを願われ、その機会まで与えたが結局そのようにならず、悲劇の歴史となってしまったのである。


私たちは悟らなければならない。勝利された真の父母、独生女、真の母と一つとなってこそ全ての問題解決の糸口が見えてくると、み言で説いておられる。神に導かれなければ解決へと向かわないということだ。そのことが分からなければこの問題はさらに深刻になっていくであろう。

国家は自国中心主義ではなく、国家和合へと…個人は自己中心主義ではなく、人類和合へと向かうところに天が役事する。結局は人間自体が堕落性を脱ぎ、完成に向かっていく努力をしていく以外にないということである。


16 views0 comments
1
2